知っトクカフェ 潰瘍性大腸炎(UC)

  • TOP
  • 潰瘍性大腸炎(UC)とTNFα
  • 潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎の原因

  • 監修:東邦大学医療センター佐倉病院 内科学講座 教授/
    IBDセンター センター長 鈴木康夫 先生

原因不明だが免疫機能に異常

潰瘍性大腸炎の原因については、まだはっきりとわかっていません。しかし、最近の研究で、潰瘍性大腸炎患者さんの腸管では免疫に異常がみられ、そのことで自分の腸を傷つけてしまう(炎症が起こる)ことがわかってきました。

炎症にはさまざまな生体内物質が関与しますが、特に重要な役割を果たしているのが、TNFα(ティー・エヌ・エフ・アルファ)というサイトカインであることがわかりました。サイトカインはホルモンのような物質で、ごく微量でも生体内で大きな作用を及ぼします。

大腸の炎症の中心的役割を担うTNFα

(図)大腸の炎症の中心的役割を担うTNFα

TNFαが大腸の炎症に関与

潰瘍性大腸炎の患者さんでは、TNFαが大量につくり出され、このTNFαが大腸で炎症を引き起こしていることがわかっています。この炎症によって、潰瘍などができ、下痢・軟便や血便などの症状があらわれます。

潰瘍性大腸炎患者さんにおける血中TNFα濃度

(図)潰瘍性大腸炎患者さんにおける血中TNFα濃度

TNFαとは

炎症や免疫反応の関係しているサイトカイン(生体内物質の一種)です。
TNFαは

  • 1)それ自体が炎症を引き起こす(直接的な炎症作用)
  • 2)炎症を起こす別のサイトカインの産生を促すことにより炎症を引き起こす(間接的な炎症作用)

という作用があることから「炎症の親玉」であると考えられています。

弊社製品をご使用、
もしくはご使用予定の患者さんへ

レミケード®による治療を受けられる患者さん、
もしくはご使用予定の患者さんを対象に、
レミケード®に関する情報を提供しています。

あなたは現在、レミケード®による
治療を受けている、
またはこれから受けることになっていますか?

ページトップへ