知っトクカフェ 潰瘍性大腸炎(UC)

  • TOP
  • 潰瘍性大腸炎(UC)ってどんな病気?
  • 潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎とは

  • 監修:東邦大学医療センター佐倉病院 内科学講座 教授/
    IBDセンター センター長 鈴木康夫 先生

潰瘍性大腸炎は、大腸に炎症が起こる病気

潰瘍性大腸炎(UC)は大腸の粘膜に炎症が生じ、びらんや潰瘍ができる原因不明の病気で、炎症性腸疾患(炎症を伴う腸疾患、略語でIBDとよぶこともあります)のひとつです。

炎症性腸疾患には、細菌や薬剤など原因がはっきりしている特異的炎症性腸疾患と、原因がはっきりしていない非特異的炎症性腸疾患があります。潰瘍性大腸炎は、クローン病とともに非特異的炎症性腸疾患に分類されています。クローン病は、口から肛門までの消化器に慢性の炎症が起こる病気です。

※IBD:Inflammatory bowel disease

炎症性腸疾患の分類

(図)炎症性腸疾患の分類

ページトップへ